言語変化・変異研究ユニット Language Change and Language Variation Research Unit

トピックス

本研究ユニットメンバーの小川芳樹,新国佳祐, 和田裕一の三氏が共著論文が、Linguistic Association of Canada and the United States (LACUS) 2017での口頭発表に採択されました。

2017.8.1

学会の概要については、こちらをご覧ください。
発表タイトル:Nominative/Genitive Conversion in Japanese and Syntactic Clause Shrinking Now in Progress
プログラムは、こちらをご覧ください。